レビュー

キーボードを変えたらタイピングが楽しくなった!

商品名 Qwerkywriter S

こんにちは、今回は「タイプライター型bluetoothキーボード」を購入したのでレビューします。

レトロ好きにはたまらない、やみつきになります

このレトロなタイプライターキーボードは、文章を打つ人間にはたまりません。

スマートフォンやタブレットでのタッチ入力で文字を打っていくような現代に、敢えて逆行するようなこのキーボードにロマンを感じます。

通常のオフィス用PCやノートパソコンのキーボードではぜったいに味わえないような、キーを押せば感触が確かに返ってくるこの感じは、タイピングしていてやみつきになります。

加えて、このヴィンテージ風の重厚なタイプライターの見た目に反して、実用的なギミックも満載です。

Bluetooth接続はもちろんのこと、タイプライターのつまみを回すことによって、接続した機器のページスクロールが可能となる本格派です。

実際のタイプライターと同様に紙をセットして、くるくる巻いていくあの感じがデジタルに味わえます。

しかも、つまみはページスクロールのみならず音量調節の機能も付いています。

またタブレットなど、スクリーンとなる接続機器が設置できるスタンドスペースも標準装備されており、Bluetooth接続可能台数も複数ありますので、これ一台で様々なキーボード入力に使用できます。

キーボードの隣に付属しているリターンバーにはデフォルトでは改行が割り当てられており、スムーズなタイピングを楽しみつつ、リターンバーを引くことによってレトロなタイプライターの入力を実際に疑似体験することができる、稀有な商品になっております。

USBでの充電ですが、バッテリーの持ちもよく、使っていてこんなに楽しいキーボードは他に存在しないんじゃないかというくらいです。いま入手できるタイプライター型bluetoothキーボードの中で、最もおすすめできます。

タイピングだけじゃない!面白さがある

私は元々、文章などを打つのが好きで、趣味で書きものやブログ記事をテキストで打っていくことがありますが、このQwerkywriterを手に入れてからは、もっと文章を書くのが好きになりました。

タイピングする時間が増えたんです。普段はノートPCなどで入力をしているのですが、キーストロークが浅く、文章などを打っていてもどこか事務的な感じがしてちょっと面白味がありません。

一方、こちらのタイプライターキーボードを触っていると、メカニカルの軸がカチカチ鳴って、キーも押し込むことのできるだけの深さがあります。指先だけではなくて、手の全体を使って打っているという感じがして、それがなんとも言えない心地よさを生み、刺激となってどんどんタイピングを続けてみたくなります。

改行のリターンバーを引きつつ、つまみを回してページをスクロールし、音楽を流しながら音量を調節したりすることもでき、デジタルとアナログなギミックの組み合わせが絶妙なキーボードです。

職場などでは使えませんが、自宅などでプライベートな文章入力を楽しむには、こういうちょっと変わったキーボードの方が、使っていて楽しかったりしますし、何より満足感があります。

また使用していないときにも、部屋のテーブルの上に置いておくだけで、十分な存在感があり、インテリア的な見た目のよさには所有欲が満たされます。

手入れも簡単で充電の持ちも良い

バッテリーに関しても、一度満充電しておけば、通常使用なら三週間から一ヶ月ほどは持つので、こまめに充電する必要もなく、ものぐさでも心配無用な点も気に入っています。

以前よりも、プライベートの時間でちょっと文章を入力してみようと思えたことが、このキーボードを購入してよかったと思う一番のメリットです。

この商品は仕事でもプライベートでも文章を打つのが好きな人に、ぜひおすすめしたいキーボードです。

こだわりやオリジナルを求めるならぜひ!

普段のPCでのテキスト入力にマンネリを覚えていたら、このタイピング体験を味わっていただきたいです。打っているだけで楽しくなるキーボードになることは間違いありません。

いま一般に販売されているタイプライター型キーボードの中で最高峰の使用感です。単にレトロなキーボードというだけでなく、現代的なギミックも兼ね備えていて、実用的にも満足いただけるものだと思います。

主に、文章を書くことを生業にしているライターさんや文筆家の方におすすめしたいです。

ライティングや執筆時にも役立ちますし、プライベートなテキスト入力、ブログ記事の作成、メールの返信や考え事をまとめるときにも、このキーボードがあれば、レトロな雰囲気を楽しみつつ、文章入力がはかどります。

お値段は少々張りますが、それに見合った価値は十分にある商品だと思います。

文章をデジタルに打っていくときに、最も長く付き合うことになるのがキーボードなので、タイピングにこだわりのある方にとくにおすすめしたいです。

文章入力の際に、メカニカルキーを深く打ち込むことによって、押した感触が返ってくるので、それが刺激になって独特のタイピング感を生んでいます。

カチカチというタイピングの音を聞いているだけでも純粋に楽しくなってきますし、何よりそういったリアクションがキーから返ってくることで、更に次の文章を考える刺激になっていきます。

タイピングをはじめて気が付いたときには、思ったよりも文字入力が進んでいることがあるかもしれません。そんな不思議な魅力に満ちたキーボードです。